薬剤師の多くが負担に感じている「処方箋入力」その課題や解決策について解説

こんにちは。広報担当の大須賀です。

プレカルが行うサービスは薬局向けの処方箋入力代行サービスですが、「そもそも処方箋入力って何?」「どんな事やっているの?」と思われた方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな薬局が行う業務の1つ、処方箋入力について業務の内容や現在の課題点等についてお話していきたいと思います!

処方箋ってどんなこと書いてあるの?

私たちが普段病院に罹った時、薬が処方されると病院から処方箋が発行されますよね。

ですが、処方箋に記載されている内容をそれほど気にして見ている人は少ないのではないでしょうか?  そんな私も以前は、せいぜい見るところといえば薬の飲み方くらいのものでした笑  

では、実際の処方箋にはどんなことが書いてあるのでしょう?

ー処方箋に記載されてる内容ー

患者情報 →氏名 ・生年月日 ・性別

病院情報 →病院名 ・病院住所 ・病院電話番号

医師情報→医師名・診療科名

処方箋情報→交付年月日・使用期限・麻薬仕様の有無

保険情報→保険番号・区分(被保険者/被養者)

薬情報→薬品名・1日に服用する量・飲み方(朝夕食後に服用 等)

 

大まかにはこんな感じです!

保険証の番号から担当医師や病院情報等、処方される薬以外のところも細かく記載されているのですね。


現場の薬剤師達が負担に感じている処方箋入力とは?

前回行ったインタビューでファーブケア薬局の竹井さんがお答えしてくれました。

 

処方箋入力は薬品が多く記載されているものや薬を砕く、小さい袋に分ける等、細かな調剤の指定があるものは、基本的に入力にも調剤にも時間がかかるため、患者さんで混んだタイミングなどは本当に手一杯になってしまいます。
現在は1〜2人で業務をこなしていることもあり、入力に時間がかかってしまうとそれだけ長く患者さんをお待たせしてしまうので、業務の中でも大きな懸念点になっています。

 

人手不足や混み合うことが多い薬局にとっては大きな負担となっているようですね・・・

ー処方箋入力の流れー

実際に行う処方箋入力の流れは、大きく分けて以下の2つになります。

①紙情報を電子情報に
②電子情報を薬局用に加工する

①の「紙情報を電子情報に」については、紙の処方箋を薬局の機械に入力をすることで電子情報に落とし込みます。

つまり地道に手入力ですね!

既存の患者さんに関しては以前の登録内容があるため、薬局の機械に一部自動で入力される部分もありますが、新規で来られた患者さんに関しては薬剤師や事務員の方が一から全て入力をします。


こういった訂正が行われているものや手書きで薬品が記載されている処方箋も間違いがないよう入力を行っていきます。


続いて②の「電子情報を薬局用に加工する」についてです。

私たちが薬局に行くと「ジェネリック薬品へ変更をしても宜しいですか?」と薬剤師さんに聞かれたことはありませんか?

薬品によっては、ジェネリックというお手頃価格な薬品に変更が出来るため、変更をした場合は処方箋の入力でも薬品変換を行います。


ジェネリック薬品は薬局によって取り扱うものが異なるため、それぞれの薬局で該当のものに変更を行うことが必要です。


他にも処方箋によっては、薬剤の調合をするための指示が記載されている場合があります。

例えば、「上記、一包化」という指示。

一包化とは、患者さんが薬を飲みやすいよう、朝昼夕などの飲むタイミングが同じ薬を透明の袋にまとめる指示のことです。このような調剤の指示が記載されているものも薬局毎で入力を行います。

その他、時間外に患者さんに対応する場合や特殊な薬、乳幼児の患者さんは加算処理を行うため、ここでも入力が必要になります。薬剤師さんや事務員の方は短い時間で多くの情報を入力いるんです。

このように、処方箋入力は薬局毎で異なる複雑な入力を行うため、人の手による入力が必要不可欠というのが現状です。


既存の方法では未だ解決に至っていない処方箋入力の課題

では、これだけ薬剤師が負担に感じているという処方箋入力に今まで解決策は何もなかったのでしょうか?

もちろん、解決策はありました。

まずは、①の「紙情報を電子情報に」について出された解決策がこちらです。


▼処方箋にQRが付いた

処方箋にQRコードが付いているものも見られるようになりました。QRコードを読み取るとデータが機械に送られ、入力が行われるというものです。

これは、一見入力の負担は解消されたように思えますが、QRコード付きの処方箋は薬局が入力を行う全ての内容が反映されるわけではありません。入力が行われない部分や、薬局で判断が必要な調剤指定の入力等は人の手による入力が必要です。

また、薬局によってはFAXで処方箋を受け付けている場合もあります。FAX処方箋は、例えQRコード付きの処方箋であってもコードが潰れてしまうため読み取ることが出来ません。


▼OCRの導入

他にも解決策として、OCR技術が取り入れられた薬局もあります。OCRとは、紙情報をスキャナー等で読み取ることで文字を認識し、電子データ化を行うものです。ですがこれも、病院で発行される処方箋には医療機関や地域によって様々な種類やフォーマットがあるため​、読み取りを文字の位置で判断しているOCR技術は、異なるフォーマットの処方箋に対応するのが難しくなっています。

医師によって処方箋の書き方も異なるため、薬局はやはり加工が必要なります。

このように、OCR技術の導入は、加工や見直しを行うためのチェックにかかる業務負担の方が大きくなってしまうという点から、実際のところ現場にはそれほど広まっていないのが現状です。


▼電子処方箋

電子処方箋についても、全ての内容が正しく反映される訳ではないため、QRコードと同様の問題が残っています。


続いて②の「電子情報を薬局用に加工する」について。

こちらの解決策については未だありません・・・

というのも、ここでも①でお話したように薬局での判断が必要になるためです。

処方箋入力のデジタル化は「薬局での判断が必要になる」という点でかなり大きな妨げになっているようですね・・


それでも、①による解決策が導入されている店舗について言えば、確かに薬剤師や事務員の負担は半分程軽減はされました。ですが、現在の解決策では「作業が前より楽になったな」くらいのもので、結局のところ事務員を完全に無くすことはできていません。

作業負担を減らすだけではなく、人を雇わなくてもいいよう完全に事務作業を無くすことができればな・・というのが「実際には無理だろう」という理想になってしまっているのです。

 

プレカルが処方箋入力業務を無くします!

これまで、薬剤師の方々が処方箋入力を負担に感じていること、既存の解決策では十分な解決に至っていないことをお話してきました。

そこでプレカルが行う処方箋入力代行サービスは、この問題を完全解決するためのサービスです。

プレカルに入力代行依頼をするとプレカル事務員が遠隔で独自のシステムを使って入力を行い、薬局にデータが返却されます。返却されたデータは既存の解決策と同じようにQRコードになりますが、今までとは違い、完全な自動入力が行われます

何と一度も薬局の機械に触ること無く、印刷まで行われます・・・!

プレカルのLPには自動入力が行われる実際の様子も動画で掲載されていますので、こちらもぜひ御覧ください。→プレカルLP


薬剤師さんの仕事って何をしているのか分からないという方も多いかと思いますが、今回はそのうちの処方箋入力についてお話しました!

「へー、こんなことしてるんだ〜」「意外と大変そう・・」などこの記事を読んで何か少しでも感じて頂けたら嬉しいです^^

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA